SAFECARD (マダニ取りカード)

Mont-bell logo Transparent.png

令和1年5月30日 NHK 「あさイチ」で、マダニやダニ媒介感染症の危険性について放映されました。

日本全国で社会問題となっているダニ媒介感染症

のリスクを軽減するマダニ取りカード

  • 日本初上陸‼ 世界中で既に1,000万枚以上の売上を記録している画期的なデザインのマダニ取りカード​​ ⇒ ​欧米、オーストラリアでの売り上げ実績!

  • デザイン特許を150ヵ国以上で取得

  • 使いやすく、マダニ取りが痛くなく、安全。しかも持ち運びやすい

  • ペットオーナー、登山、キャンプ、遠足、林間学校、草刈り、庭作業、農業、林業などを行う人々のための必須ツール

  • 健康を脅かす危険なマダニから人やペットを守り、ダニ媒介感染症の感染リスクを軽減

    • 俳優リチャード・ギア、歌手アヴリル・ラヴィーンがライム病(ダニ媒介感染症)に悩まされたことは日本でもTV等で紹介されました (2018年9月11日放映  日テレ系 ザ!世界仰天ニュース)

    • 厚生労働省から各都道府県宛に、ダニ媒介感染症についての注意喚起を行うよう、依頼するレターが発行されています。⇒ こちら

    • 日本中の多くの都道府県庁や市区町村役場のホームページで、ダニ媒介感染症の危険性を注意喚起しています

[ デンマーク製 ] 20191月から販売開始‼

写真は、犬の頭に見つけたマダニをSAFECARDで取り去る様子です。

​上記の参考動画もご確認ください。

日本中の多くの都道府県庁や市区町村役場のホームページで、ダニ媒介感染症の危険性を注意喚起しています。

(厚生労働省から各都道府県宛に発行された、ダニ媒介感染症の注意喚起依頼はこちらから)

特にSFTS(重症熱性血小板減少症候群)はまだ特効薬もなく、有効な治療法が確立されていません(2018年10月時点)。各地で死亡例も出ていますので注意が必要です。

死亡例あり

死亡例あり

死亡例あり

皮膚への噛み付き方によって、大きく分けるとマダニは3グループに分類されます。

日本では、​一般的には「マダニ属グループ3」のマダニが多いので、SAFECARDのマダニ除去の仕組みが理に適ったものであることが分かります。

日本では「ネクスガード」や「フロントライン」などのノミ・マダニ除去薬がペットに対して使用されていますが、草むら等に潜むマダニの圧倒的な数ゆえ、ペットを外で散歩させると、付いたマダニを100%除去することはどうしても難しいのが現実です。

​マダニ媒介感染症を少しでも防ぐためには、人間やペットの皮膚に発見したマダニは、できるだけ早急に除去することが必要です。

​下記は NHKホームページ(NHK NEWS WEB)「みんなで作る危険生物マップ マダニ編」から抜粋です。

獣医師さんも、ペットの犬や猫にマダニがついてしまうことは認めているのです。

SFTSウィルスを持ったマダニの分布状況と日本紅斑熱の死亡例

​(国立感染症研究所発表)

パッケージ表面

パッケージ裏面

パッケージを開くと、中にSAFECARD本体が入っています

写真のような、小売店様販売用の什器もご用意しております。

色は白色と黒色があります。

下の​写真のような、吊り下げ台紙(ハンガーディスプレイ)もご用意しております。

台紙部分の色は無色透明です。

​下ような、1色印刷のOEM販売も可能です。

​小売店様の会社名やロゴの印刷、ノベルティなどの用途としていかがでしょうか。

(イメージ図)

現在、下記のサイトや小売店様・ウェブサイト様からSAFECARDをご購入できます。

Mont-bell logo Transparent.png
Amazon-logo-RGB.png
Rakuten_logo.png